高梨沙羅、DAIGO、石ちゃんが行った紅れや、魚屋豪椀、チアカウンター

2017年5月30日の火曜サプライズのゲストはスキージャンプ選手の高梨沙羅さん。W杯53勝をあげたすごい選手です。

DAIGOさんと石ちゃんが高梨沙羅さんをおもてなしということで、最初に向かったのは銀座にある様々なタコ料理をいただける紅れや。

個室×蛸しゃぶ 紅れや 銀座コリドー店(銀座/居酒屋) – ぐるなび

高梨沙羅さんはタコが好きだそうです。

高梨沙羅さんの実家は魚屋さんだそうで、おばあちゃんがタコの料理を作ってくれていたそうです。

まず出て来たのは手長タコの踊り食い。タコ好きの高梨沙羅さんも初めて食べるそう。

「吸い付いてくる。コリコリしている。でも、食べにくい。。」

次はタコのしゃぶしゃぶ。北海道産のタコを二、三回、湯につけていただきます。

「お出汁と食べるのでタコの甘みが出ています」

コメントがとても上手で、石ちゃんも感心していました。

続いて渋谷に向かい、またまた魚好きな高梨沙羅さんのために魚屋豪椀へ。

魚屋豪椀 (サカナヤ ゴウワン) – 渋谷/居酒屋 [食べログ]

今までテレビ取材を断っていたそうなのですが、オーナーが火曜サプライズのファンということで、テレビ初登場だそうです。

まずは名物の炙りしめ鯖。

なんと、お客さんの目の前でバーナーで炙ります。

そして六本木のマンションの一室にあるチアカウンターへ。

このお店はオリエンタルラジオの中田さん、藤森さんもロケで訪れ藤森さんはすっかり気に入ってプライベートでも来たそうです。

チアカウンター (CHEER COUNTER) – 六本木/和食(その他) [食べログ]

お店の雰囲気はバーそのものなのですが、食事もしっかりしていて毎日、九州から魚を空輸しているそうです。

お米も土鍋ご飯で、ツヤツヤでした。

高梨沙羅さんは「甘い。粒がしっかりしていてコメが立っていて美味しいです」とここでもしっかりしたコメント。

お店の方も「その通りです!ぜひ、お米のソムリエになって欲しい」と感心していました。

ERIさん(@eri_no5)がシェアした投稿

Rieさん(@dusanri)がシェアした投稿

そして卵ご飯をいただきましたが、卵もすごくてお箸でつかめてました。

石塚さんの食べっぷりに感心した高梨沙羅さんもお米を豪快にいただき「まいうー」といい笑顔でした。

マツコの知らない世界で東大うどん部が紹介したうどん屋さん

マツコの知らないうどんの世界に東大うどん部が出演し、うどんについて色々教えてくれました。

出演した学生に卒業後の進路を聞くと、「民間ならテレビ制作なんか」との答え。マツコさんは「テレビの制作にいる東大出身者で賢いやつなんて見たことないから、やめとけ」と。

東大うどん部は全国のうどんの食べ歩きからうどんの手打ちまで活動しているそうです。部員は15名(男子11名、女子4名)。学食に行ってもうどんを食べるそうです。

うどんチェーンのランキングは1位は丸亀製麺、2位ははなまるうどん、3位は山田うどんだそうです。

番組では丸亀製麺とはなまるうどんを徹底比較。

丸亀製麺は丸亀ではなく兵庫県が発祥だそうです。はなまるうどんは1階ではなく2階や地下に多いそうで、これは女性が一人で食べていても人から見られないと言う配慮からだそうです。

はなまるうどんのかけうどん(小)はなんと130円。安いですね。

マツコさんはまずは、そのかけうどんとコロッケをいただきました。

マツコさんは「美味しい。これが130円。やっすい」と驚いてました。

そして東大うどん部オススメのカレーうどんをいただき、「本当に昔のカレーライスのカレーみたい」。

一号店のパートのおばさんが考案したカレーの味が受けづがれているそうです。

次は丸亀製麺へ。

マツコさんは釜揚げうどん、アラカルトはかしわと野菜のかき揚げを注文。

そしてうどん部が食べ歩いて見つけたオススメのうどん屋さんを紹介してくれました。

まずは埼玉県川越市の藤店うどん。地元で愛されて50年!ガシガシ食感がクセになるそうです。

藤店うどん 川越店 (ふじだなうどん) – 川越/うどん [食べログ]

埼玉県はうどんの生産量が香川県について日本で二番目のうどん県だそうです。

豚肉とネギがたっぷりの肉汁うどんを頂きました。

sumitoさん(@surin3310)がシェアした投稿

次は東大出身の店主が営む専門店東京本郷3丁目の味噌煮込罠。

味噌煮込罠 (みそにこみん) – 本郷三丁目/うどん [食べログ]

マツコさんは味噌煮込みうどんをいただき、「八丁味噌うまいねえ」

最後に東大うどん部自慢の焼うどん「ぶっかけ焼うどん」を作ってマツコさんに食べてもらい「いいかも」と。

夜の巷を徘徊するで木村拓哉、マツコが行った六本木の和食 新-ARATA-

夜の巷を徘徊するに出演した木村拓哉さんは、実はマツコさんと高校の同級生です。木村拓哉さんは1年で転校したので1年だけだったそうですが。

そんな高校時代の同級生2人が春の街を徘徊しました。

同級生だけあって、いきなり木村拓哉さんはマツコさんの核心に触れるコメントから始めます。

「(マツコさんについて)そう、俺、すごい心配なんだって。マジで。それぞれのテレビ局の人が自分たちじゃ言えねえなってことを、全部マツコに背負わせて。で、マツコだったら番組内で絶対、全部一本背負いで投げてくれっからって企画してんだって」

それに対してマツコさんは「もう商売できなくなるだろ。そこまでハッキリ言った奴はいないよ」と言いながらも気遣いは嬉しそうでした。

そしてマツコさんは「ここまでこの人がぶっちゃけちゃったから言うけど、疲れてます!」と大きな声で言っていました。

そして二人は六本木のテレビ朝日をでて、目の前の毛利公園へ桜を見に行きました。

たまたま、テレビ局の入り口で出会ったスタッフの女性に木村拓哉さんが声をかけたのですが、その女性はまだ高校生の時に、木村拓哉さんがさんまさんとドラマをとっている時に見にきて「テレビの世界に憧れているんです」と言ったのに対して木村さんが「じゃあ、待ってるからな」と返事をしたら、本当にテレビの仕事についたそうです。

ドラマのような話に、マツコさんも「あんたの周りにはそんなすごい話がいっぱいあんのね」と感心していました。

そうこうしていると木村さんは「マジで腹減った」と。

マツコさんが「今、私はテレビ局の弁当しか食べてない」と言うと木村さんは「それダメだよ。家来てもいいよ」と。

そして、六本木ヒルズのおしゃれな和食レストラン新-ARATA-へ。

新 -ARATA- (アラタ) – 六本木/居酒屋 [食べログ]

@violetrufflesがシェアした投稿

マツコさんが甲殻類(カニ・エビ)は食べないそうです。

まずはビールで乾杯。焼き鳥を食べながら同級生トークをしていました。

Akiさん(@68rangers)がシェアした投稿

マツコさんは、これからの芸能界での生き方(ポジション)について木村さんに相談してました。
マツコさんはテレビの仕組みをよくわからずテレビの世界に入ってきちゃったので、今と違うやり方がよくわからないそうです。

辛味南蛮つくねのせいろ蕎麦もいただいて、木村さんは「この店、あり」と美味しそうに食べてました。

そして、二人は浅草に向かいました。

王様のブランチ 堂本光一が行ったンーモッツア、フラテリパラディソ、エッグ

王様のブランチに出演した堂本光一さんが続々と上陸している日本初出店のお店に挑戦しました。

食に興味がないという堂本光一さん。

「日本初上陸のお店に挑戦なんですが」と一緒にお店に行く女性の方に言われ、堂本光一さんは「なるほどー、全く興味ないですね」とつれない返事。

「そういうゲストの方初めてです」と言われると、「だって、たいして美味しくないものを美味しいって言ってる人をみるとイラっとしますから」となかなかの毒舌ぶりを発揮していました。

そうこう言いながら、やってきたのは原宿に2017年3月30日にオープンしたばかりのモッツァレラサンドイッチのンーモッツア。

原宿に仏発モッツァレラサンド店「ンーモッツア」1号店 ベイクルーズ新ブランド /東京 (みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース

2011年フランス・パリのトレンドに敏感な人々が集う「北マレ地区に」に誕生したモッツァレラチーズを使ったサンドイッチのお店で、ミシュランにつぐ権威のあるレストランガイド「ル・フーディング」で「グルメなこの街で最も美味しいサンドイッチ店」という高い評価を受けたお店です。

お店の前の行列を見て堂本光一さんは「ほんとにこうやって並ぶということが全くないので、すごい行列があって隣にすごいすいてる店があれば大体そっちに入りますからね」と。

お店のショーケースを見て堂本光一さん一言「どれでもいいです」とつれない感じ。

でもカウンターの横に女性の絵柄が入った飲み物見てそちらのほうは興味があるようでした。そしてイタリア直輸入のスパークリングジュース、堂本光一さんはキノットを選びました。

そして、ラウラ(プロシュート パルマとバゲット)という看板メニューをいただきました。

@hiyuchareがシェアした投稿

バゲットが固いようで堂本光一さんは口にすると「このパンの固いのが歯茎の裏に刺さって」と言いながらも「うまい。ルッコラがいい仕事してますね」と。

「プロシュートはどうですか?」と聞かれ「なに?プロシュートって?ああ、生ハムね」と食に興味のない感じが出てました。

「この番組、渡部さんが司会になったんだよね。渡部さんってすごい食通じゃない。絶対、俺と会話、合わないだろうね」といいながら渡部さんに質問「ハム&チーズサンドイッチをフランスではよく食べるんですか?」

渡部さんは「いやいや光一さん、絶対、ぼくと会話合いますよ。バゲットに挟んで食べるのはソウルフードですからね。パリ自体は伝統的なレストランもありますけど、こういう食べ物も人気ですよ」

ペッパ(フォカッチャとマヨネーズ)は日本限定メニューだそうです。

次にやってきたのは表参道ヒルズのオーストラリア・シドニーの人気店フラテリパラディソ。(2017年5月8日オープン)

FRATELLI PARADISO OFFICIAL WEB

シドニーのグルメの間ではここに行けば間違い無いと評判だそうです。

渡部さんも「海老のパスタは絶対食べたい」と。

堂本光一さんも「雰囲気素敵ですよね」といい、オーダーしたのはランチのプランツォ(パスタスカンピ)でお値段は2,400円(税抜き)。

出てきた料理を見て「おいしく無いわけないやん」と言いながら、「まずコーヒー飲んでいいですか」とコーヒーを口にして「あ、これ美味しい」。堂本光一さんの好きな飲み物はコーヒーだそうです。

やっと、名物パスタスカンピを口にして「うまい」と。

このパスタにはスカンピ(手長エビ)を2匹も使っているそうです。

無言で堂本光一さんはドンドン食べていきます。

そして海老を食べて「めっちゃうまいですね!」と大声を出し「これもうワインやん」。

飲み仲間を聞かれ、「TOKIOの長瀬。昔から仲良いから」。

そして、「とりあえず食べていい?」とまた食べ始めました。

フォアグラステーキとフカヒレラーメン、うな重、海鮮丼なら、どれが食べたいと聞かれ「うな重かなあ。ジャニーさんがよく食べさせてくれるんだよね」と答えてました。

そして池袋にオープンしたオシャレなカフェ「エッグ」にやってきました。エッグは2005年にニューヨークのブルックリンの中でもおしゃれエリアとして有名なウィリアミズバーグに誕生したカフェです。

マンハッタンからわざわざ来るお客さんも多いそうです。

イケメン・シェフがいると言われ堂本光一さんは「イケメンに興味ないよ」、「何が食べたいですか?」と聞かれ「もう、俺お腹いっぱいなんだよ」と、とにかく正直です。

そこでオススメを聞くと「エッグロスコ」というお返事だったので、それを注文。

お腹いっぱいと言いながら「パンふわふわやね」と満足そうで、完食してました。

そして、オーガニックグリッツという粗く挽いたトウモロコシで作るアメリカ南部の料理もいただきました。

出てきたオーガニックグリッツを慎重に嗅いだ堂本光一さん、口にすると「あー、俺はそんなに興味ないかな」とどこまでも正直。