東京 波瑠、ウェンツ、石塚が行ったフレンチレストラン

火曜サプライズに出演した波瑠さんは、ウェンツさんと石ちゃんの3人でホテルニューオータニの中にあるもみじ亭という有名な名店に行きました。

もみじ亭|ホテルニューオータニ

このお店は各界の著名人が通う超有名なお店とあって、ひとつのテーブルに専属料理人が1人つくというすごいお店です。

いただいたのはロッキーマウンテンステーキ。黒毛和牛ランプ肉で1キログラムなんと3万円。

@ayame_yがシェアした投稿

目の前で焼いてもらう牛肉はジュウジュウと音をたて食欲を誘います。

あさが来たのヒロインをつとめた波瑠さんによると、朝ドラのオーディションの発表は学校の受験のように張り出されるそうで、それを事務所の人か本人が発表をみにいくそうです。

石塚さんはいいとも青年隊のオーデションを何回も受けて落ちたそうですが石塚さんの場合、横澤プロデューサーから君はもう合格しないと直接言われたそうです

目の前で焼かれたお肉をいただいた波瑠さんは「びっくりぽんや」と朝ドラのセリフで美味しさを表してました。

石塚さんは当然の「まいうー」

ウェンツさんは「じぇじぇじぇ」と。滑ってました。

それから一行は中目黒へ向かいました

目黒川沿いを歩いた3人がたどり着いたのは創作フレンチのお店CRAFTALE(クラフタル)。他ではいただけないオリジナル料理がいただけるお店。

クラフタル (CRAFTALE) – 中目黒/モダンフレンチ [食べログ]

そのお店で3人がいただいたのはカリフラワーを雪に見立てた冷たいムース「ワカサギ釣りの情景」という料理。

maaayoさん(@mayon0924)がシェアした投稿

そして、六本木に移動し、ドアマンがいる高級レストラン「Jean-Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ)」へ。

Jean-Georges Tokyo (ジャンジョルジュトウキョウ) – 六本木/フレンチ [食べログ]

このレストランはニューヨークが本店で、本店はミシュランの3つ星をとっています。東京店も1つ星をとっているとか。

ここで波瑠さん、ウェンツさん、石ちゃんがいただいたのは一見、普通の卵。しかし、キャビアをたっぷりのせてエッグキャビアになりました。

なんとエッグキャビアは1つ4,000円もする卵。

tomokoさん(@tomokoi1112)がシェアした投稿

Sさん(@avec_serin)がシェアした投稿

波瑠さんはキャビアを食べるのが初めてということで、感想は「おーこれがキャビアか!」。今まで食べたことないので比べようがなかったようです。

でも、「デザートっぽい。美味しいです」と。

波瑠さんはお一人様で行動するそうで、普段はラーメン、牛丼、映画、ドライブに一人で行くそうです。

最後は銀座に行き、ヴァンパイアカフェという変わったフレンチ料理店に行きました。

ヴァンパイア カフェ (VANPIRE CAFE) – 銀座/イタリアン [食べログ]

中目黒 高嶋ちさ子、江原啓之、中田敦彦、藤森慎吾が行ったお店

火曜サプライズの特番で鴨とワインのお店、中目黒のナカモグロで高嶋ちさ子さんが悩みを江原啓之さんに相談しました。

鴨とワイン Na Camo guro (カモトワインナカモグロ) – 中目黒/すき焼き [食べログ]

お店に来る8割のお客様が注文するという鴨すき焼き「鴨すき」をいただき、高嶋ちさ子さんは「ウマっ」と満面の笑みでした。

「一度に20枚くらい食べたい」というほど。

高嶋ちさ子さんのお悩み相談は「どこに行っても怖いと言われる。DSを折って以来、私が怖いというのは世間的に認知されてしまい、街を歩いていると怖いって思われるし、保護者からも怖いって思われたりしています。なので、本当はすごく優しいというのを今年はアピールして行きたい」というものでした。

高嶋ちさ子さんの家のルールとして平日はDSをしてはダメというのがあったにもかかわらず金曜日にやっていたので約束通りDSを折ったそうです。

江原啓之さんは「気にすることはないですよ。正義感が強いだけでダメなものはダメと言っているだけ」と。

中目黒 新宿 中条あやみが行ったお好み焼き屋

櫻井・有吉THE夜会に出演した中条あやみさんは大阪風イカ焼きへのこだわりが強いらしく、大好きらしいのですが、東京ではなかなか食べれるお店がないらしく番組で探して欲しいとお願い。

中条あやみさんは、おやつとしてイカ焼きを食べていたそうです。

にっぽんお好み焼き協会に聞いた所、東京ではイカ焼きを食べる習慣がないので難しいかもということ。

やってきたのはおしゃれな街中目黒の関西風イカ焼きの専門店いか玉焼と串カツ マハカラ (MAHAKALA)

@ken.tokyo_japanがシェアした投稿

プレス式のイカ焼き機で焼かれたイカ焼きに、中条あやみさんも「美しい」と。

さらに、食べてみて「美味しいです。意外でした。ふわふわ、トロトロ。でも、生地にめっちゃ愛はあるんですけどイカに辿りつかない」

「イカにもっと晴れ舞台をあげて欲しい」となかなかの表現をしていました。

次に新宿のろくもんや 本店 – 新宿三丁目/お好み焼きへ。

とっても美味しそうなイカ焼きを焼いてもらい、中条あやみさんは「美味しい!最高」と言ったものの「探してたイカ焼きと同じくらい美味しいけど、私が探しているのはキャベツが少なめで、生地がふわふわ、イカがもっと入ってるやつ。。」

それを聞いたご主人は「分かった」と。そして作ってくれたものは「イカ玉」でした。そして中条あやみさんは「これですね」と満足してました。

中条あやみさんが探していたのはイカ焼きではなくイカ玉だったようですね。