高梨沙羅、DAIGO、石ちゃんが行った紅れや、魚屋豪椀、チアカウンター

2017年5月30日の火曜サプライズのゲストはスキージャンプ選手の高梨沙羅さん。W杯53勝をあげたすごい選手です。

DAIGOさんと石ちゃんが高梨沙羅さんをおもてなしということで、最初に向かったのは銀座にある様々なタコ料理をいただける紅れや。

個室×蛸しゃぶ 紅れや 銀座コリドー店(銀座/居酒屋) – ぐるなび

高梨沙羅さんはタコが好きだそうです。

高梨沙羅さんの実家は魚屋さんだそうで、おばあちゃんがタコの料理を作ってくれていたそうです。

まず出て来たのは手長タコの踊り食い。タコ好きの高梨沙羅さんも初めて食べるそう。

「吸い付いてくる。コリコリしている。でも、食べにくい。。」

次はタコのしゃぶしゃぶ。北海道産のタコを二、三回、湯につけていただきます。

「お出汁と食べるのでタコの甘みが出ています」

コメントがとても上手で、石ちゃんも感心していました。

続いて渋谷に向かい、またまた魚好きな高梨沙羅さんのために魚屋豪椀へ。

魚屋豪椀 (サカナヤ ゴウワン) – 渋谷/居酒屋 [食べログ]

今までテレビ取材を断っていたそうなのですが、オーナーが火曜サプライズのファンということで、テレビ初登場だそうです。

まずは名物の炙りしめ鯖。

なんと、お客さんの目の前でバーナーで炙ります。

そして六本木のマンションの一室にあるチアカウンターへ。

このお店はオリエンタルラジオの中田さん、藤森さんもロケで訪れ藤森さんはすっかり気に入ってプライベートでも来たそうです。

チアカウンター (CHEER COUNTER) – 六本木/和食(その他) [食べログ]

お店の雰囲気はバーそのものなのですが、食事もしっかりしていて毎日、九州から魚を空輸しているそうです。

お米も土鍋ご飯で、ツヤツヤでした。

高梨沙羅さんは「甘い。粒がしっかりしていてコメが立っていて美味しいです」とここでもしっかりしたコメント。

お店の方も「その通りです!ぜひ、お米のソムリエになって欲しい」と感心していました。

ERIさん(@eri_no5)がシェアした投稿

Rieさん(@dusanri)がシェアした投稿

そして卵ご飯をいただきましたが、卵もすごくてお箸でつかめてました。

石塚さんの食べっぷりに感心した高梨沙羅さんもお米を豪快にいただき「まいうー」といい笑顔でした。

六本木、渋谷 谷原章介、藤木直人が行ったお店

王様のブランチで同期の谷原章介さんと藤木直人が行ったファッション、釣り道具屋、刃物屋さんをご紹介します。

まず行ったのはカリフォルニア発のセレクトショップ「ロンハーマン」。ここで藤木直人さんは自分も持っているジュエリーブレスレットを谷原章介へ選びました。

藤木直人さんは3人の、谷原章介さんは6人の子供のお父さんということで、二人は子供服を熱心に見て谷原章介さんは可愛いおしゃれな女の子の服を購入。

Ron Herman | ショップ | 東京ミッドタウン

natsu.さん(@__08.n)がシェアした投稿

次に、藤木直人さんの行きつけの釣具屋上州屋へ。

藤木さんは釣った魚を自分でさばいて食べるそうで、谷原章介さんも釣りをはじめたかったということで、藤木さんにアドバイスをもらって釣竿からリール、ルアーまで一式揃えました。

渋谷店(海・淡水)のショップニュース|つり具の上州屋 – あなたのフィッシング&アウトドアライフをサポート

PK Laiさん(@pklai)がシェアした投稿

そして最後は歴史ある金物屋木屋に行き、藤木さんが釣った魚を捌けるような大きなまな板を購入しました。

日本橋 木屋 | ショップ | 東京ミッドタウン

渋谷 幡ヶ谷駅、新大久保 今井翼、瀧本美織が行ったラーメン屋

音楽劇マリウスに出演している今井翼さん、瀧本美織さんは「おいしいラーメンを食べたい」ということでKinKi Kidsブンブブーンで、幡ヶ谷駅と新大久保駅のラーメン屋さんに行きました。

今井翼さんは「ラーメンなら寺門ジモンさんぐらいうるさい」くらいのラーメン好き。

今井翼さんによると堂本剛さんはグルメだそうですが、堂本光一さんは食に無頓着でSHOCKとかでも劇場で卵かけご飯とか食べてるそう。

最初は瀧本美織さんが苦手だというトリックアートを克服するためにお台場の東京トリックアート迷宮館に行きました。

東京お台場のトリックアート美術館 | 東京トリックアート迷宮館

f u k aさん(@fk___83)がシェアした投稿

続いて今井翼さんが行きたかった幡ヶ谷のラーメン屋金色不如帰へ。このラーメン屋さんはミシュランにも掲載されています。

金色不如帰 (コンジキホトトギス) – 幡ヶ谷/ラーメン [食べログ]

Nさん(@n__gourmet)がシェアした投稿

普段は長蛇の列だそうですが、特別に開店前に撮影させていただきました。
醤油ラーメンが一番好きだそうです。

ということで今井翼さんがいただいたのはシンプルな醤油ラーメン。

今井翼さんは「ハマグリの出汁がすごい。本当に美味しい」とたった2分で完食。

@nowarjpがシェアした投稿

そして、今井翼さんが行きたかったラーメン屋2軒目は新大久保(豊島区)の創作麺工房鳴龍。こちらもミシュランに掲載されています。

鳴龍 (NAKIRYU) – 大塚/担々麺 [食べログ]

Kチェルさん(@kazuotaka)がシェアした投稿

こちらのラーメン屋さんでは今井翼さんたちは坦々麺と注文。パクチーが入っているのが特徴だそうです。

でも、堂本光一さんはパクチーが大の苦手ということで違うラーメンを注文。

今井翼さんの初仕事はKinKi KidsのバックダンサーとしてGo Westを踊ることだったそうです。

今井翼さんは「酸味のほどよさがいいですね」、堂本剛さんは「これパクチー絶対あるやん」と満足していました。

今井さんと堂本剛さんはパクチに満足していたので瀧本美織さんが堂本光一さんのラーメンに少し入れたのですが、やっぱりダメでした。

今井翼さんは料理が好きで外食しても自分で作れるものは頼まなくなったそう。それを聞いた堂本光一さんは「俺より結婚できなさそう」と言っていました。

渋谷 僕らの時代で児嶋一哉、鈴木拓、中岡創一が行ったTRUNK BY SHOTO GALLERY

僕らの時代に出演したアンジャッシュ児嶋一哉さん、ドランクドラゴン鈴木拓さん、ロッチ中岡創一さんの3人は渋谷のTRUNK BY SHOTO GALLERYでトークをしました。

TRUNK BY SHOTO GALLERYはイベントやウェディングパーティ、ファッションショーなどができるスペースです。

児嶋一哉さんと鈴木拓さんが人力車という同じ事務所で、鈴木拓さんと中岡創一さんは仲良しだそうです。
アンガールズの田中さんの舞台の設定で鈴木さんと中岡さんが先輩後輩だったそうで、舞台が終わっても仲良しになったそうです。

僕らの時代は番組が一人だけ決めて、その人に他の2人を決めてもらうそうで、最初に児嶋一哉さんに仲の良い人いませんかと番組スタッフから言われて、最初は鈴木拓さんと小木博明さんをあげたら、小木さんがスケジュールがダメだったそうで、中岡さんになったそうです。

トークはアンジャッシュの結成の話から始まります。人力車の一期生は7人しかいなかったそうです。児嶋一哉さんはその中にコンビを組みたかった人がいなかったので、ダウンタウンのように同級生コンビがいいなと思い、高校時代の同級生に声をかけたらみんなに断られて渡部建さんは5人目だったそうです。

できない芸人キャラの鈴木拓さんですが、相方の塚地さんから一度も怒られたことがないそうです。塚地さんに言わせると「お前のミスは折り込み積みだ」というそう。スラムダンクの流川のセリフですね。

はねるのトびらの頃は働かなくてもギャラが折半だったそうですが、それをテレビのネタで言っていたところ奥さんが恥ずかしくなって「ちゃんと働いたら」と言われ鈴木さんは自分から事務所にギャラの折半をやめると言いに行きました。

するとマネージャーに「お前本気で言ってんの?収入5分の1になるからな」と言われました。で、そこから喋るようになったそうです。

実は鈴木さんは炎上キャラもやめたいそう。理由はCMに出たいからだそうです。鈴木さんは家族を背負ってるからお金への執着は半端じゃないそう。

鈴木さんによると児嶋一哉さんの奥さんは面白いそうで、児嶋さんより面白いそうです。

ピコ太郎こと古坂大魔王さんたちも最初、児嶋一哉さんと奥さんとお茶してても、やがて児嶋さんは呼ばれず奥さんだけ呼ばれるようになったそうです。

鈴木さんの息子さんは学校で「また滑っててたな」とかいじられるそうで、いじめになりそうになった時に塚地さんがカンフー映画を見せたらいいんじゃないかと言ってくれて、実際に息子さんに見せたら強くなったそうです。

カンフー映画のストーリーは大体は最初は弱くて、努力して強くなるというものが多いので、それを見せればいいというアドバイスだったよう。

中岡創一さんは、鈴木拓さんはすごいと言います。ひな壇で普通の芸人は前に出ようとする仲、鈴木拓さんはハスに構えているのに最終的に一番笑いととったそう。児嶋一哉さんは「鈴木拓さんは計算高いんだよ。紳助さんにもどんどん突っ込んでたし、自分で怒られないキャラってわかってんだよ」

児嶋一哉さんはくりーむしちゅーとは昔からよくしてもらっていて、売れた時にとっても嬉しかったそうです。理由は、お笑いといえば吉本じゃないと売れないというわけではなく面白ければ事務所は関係なく売れるんだとわかったからだそうです。

渋谷 宮崎あおいが行ったチーズ専門店、アイス屋

火曜サプライズに出演した宮崎あおいさんとホストのウェンツさんは渋谷で美味しいものを探しに行きました。

最初に行ったのはアボカド専門店セッソマット。アボカド専門店とは珍しいですね。日本で唯一のアボマスターがいるそうです。

しかし、食べログによるとすでに閉店してしまっているそうです。

【閉店】セッソマット (sesso matto) – 渋谷/洋食・欧風料理(その他) [食べログ]

ウェンツさんは「買ってきたアボカドがすごく硬いのを買っちゃったとき、どうしたらいいんですか?」と質問したところ、アボマスターは「手に持った時に吸い付くような感触のアボカドはすぐに食べれるものなので、そういうアボカドを選んでください」と教えてくれました。

注文したのはアボペチーノというマンゴピューレとアボカドをミックスしたドリンク。宮崎あおいさんは「意外と飲みやすい」と好印象の様子でした。

次にアボカドと温泉卵と生ハムの生春巻き。宮崎あおいさんは「うーん。おいひい」と満足。生ハムの塩気が効いてるそうです。

そしてアボカドと牛肉の炙り寿司。これはとっても美味しそうでした。宮崎あおいさんは口いっぱいに頬張ってしまい言葉になりませんでしたが、美味しいそうでした。

最後は豚のロースステーキ。一見、アボカドは入ってなさそうですが、アボカドオイルを混ぜた餌を食べた豚だそうです。

次はチーズ専門店チーズスタンド。名前の通りチーズへのこだわりの強いお店で店内にチーズ工房があり、出来立てをいただくことができます。

渋谷チーズスタンド (CHEESE STAND) – 渋谷/バル・バール [食べログ]

@ayamin0910がシェアした投稿

宮崎あおいさんとウェンツさんは出来立てモッツアレラ&リコッタ、のびるチーズケーキをいただきました。

宮崎あおいさんは「うまいコメントができない」と落ち込んでましたが、コメントは出てこなくても表情はとても美味しそうでした。

そして宮崎あおいさんの行きつけのお店、白一(Shiroichi:しろいち)という生アイス屋さん。

ウェンツさんは白一定番の生アイス、宮崎あおいさんは白一黒蜜抹茶を注文。

白一は渋谷で牛乳生アイスの販売を行っております

白一定番の生アイスはとっても長いソフトクリームのようです。

Neneさん(@nei_1903)がシェアした投稿

渋谷 藤原紀香、ぐっさんが行った鰻屋

にじいろジーンに出演した藤原紀香さん、オススメの鰻屋さんは渋谷のはなぶさ 渋谷本店 HANABUSAでした。

ご主人の片岡愛之助さんと一緒に来てから大好きになったお店ということで、藤原紀香さんのオススメは特上ひつまぶし。お値段は高めですが、とても美味しそうでした。

一緒に訪れたぐっさんも満足していました。

歌舞伎役者の奥様は色々お忙しいそうですが、自分の仕事をする時間もちゃんと確保しているそう。

大変といえば大変ですが、裏方の仕事の勉強になってるので、自分が表の仕事をするときにとっても参考になっているそうです。

渋谷 夕食 櫻井翔と岡田准一がTHE夜会で行ったお店

櫻井・有吉THE夜会に岡田准一さんが出演し二人で渋谷の街でさしのみをしました。

櫻井翔さんと岡田准一さんは仲が良いそうで、視聴者からの「今でも後輩で一番好きなのは櫻井くんですか?」という質問に対して、岡田さんは「やっぱり櫻井くんが好き」と返答。

昔、お互いハタチごろに木更津キャッツアイというドラマに共演して、一緒に頑張った戦友というイメージが今も残っているということです。ドラマが終わってもいまだに役名で呼び合っており、バンビとぶっさんと呼ぶ間柄とか。

14歳でジャニーズ入りした岡田准一さんの2カ月後に櫻井翔さんがジャニーズ事務所に入ったそうです。そして、櫻井翔さんがジャニーズ事務所に入ってたった1カ月後に岡田さんはV6としてメジャーデビューしました。

わずかジャニーズ事務所に入って3カ月でデビューするという異例なことで、ジャニーズ最速のデビューだったそうです。

櫻井翔さんとはジュニアの一員として、V6岡田さんの後でバックダンサーとして踊っていたそうです。

そんな仲良しの二人ですが実は二人で、飲みに行ったことなく10年以上も二人でゆっくり話す機会もなかったそうです。

そんなことで、今回のTHE夜会での企画が、櫻井さんと岡田さんの初めてサシ飲みということになりました。

お店は予約せずに二人で探して交渉してもらうという企画に対して、岡田さんは「渋谷に行ったらとんでもないことになるんじゃないか」と心配。

でも、櫻井さんは「渋谷だと、僕たちは気にされません。みんなHey!Say!JUMPですよ」と。

道中の車の中で岡田さんは櫻井さんに「大野のこと思って呼び捨てするの?」と聞いていました。それに対して櫻井さんは「兄さんと言っている」ということでした。

嵐の大野智さん、岡田准一さんと滝沢秀明さんはほぼ同期で仲よかったそうです。

ジャニーズには合宿所が年上組と年下組の2つあって、最初は3人は年下組の合宿所で一緒だったそうです。

でもデビューか決まって岡田さんは年上組の合宿所に引っ越したそうです。

そして二人が向かったのは渋谷センター街の肉横丁。

渋谷の肉横丁は大人気だそうで超満員でした。しかし二人が中に入っても、お店の人たちは意外と微妙な反応で大騒ぎになりませんでした。

二人は奥の席のほうへ行き、初めてのサシ飲みがスタート。

二人はビールで乾杯し、櫻井さんが「お酒を飲むのは木更津キャッツアイの打ち上げ以来じゃないかと」と言うと岡田さんから衝撃の告白。

「その後キャッツアイの出演者はみんな家に来たんだよ」

ところが櫻井さんは呼ばれてなかったそうです。岡田さんは呼んだよと主張してましたが。

岡田准一さんがよく遊ぶのは生田斗真さん、山下智久さんで、嵐のメンバーとも交流はあり松本潤さんから相談に乗って欲しいと言われたけど受け止められる自信がなかったので断ったということでした。

それに対して櫻井さんは「わかる彼のまっすぐさを受け止める自信はなかなかない」と。

そして、周りに人がいては話しにくいので個室のあるお店に移動することになりました。

そして岡田准一さんが交渉したのがFeil’s lounge (フェルズラウンジ) – 渋谷/居酒屋。岡田さんはあっさりと撮影許可OKをもらってきました。

櫻井さんから岡田さんへの質問は「木更津キャッツアイの位置づけはどうですか」ということでした。

岡田さんは「自分にとって大きなきっかけになる仕事だった」と。

櫻井さんも「自分にとっても大きなきっかけだったし、この仕事は楽しいなと思える仕事だった」そうです。

岡田さんはキャスターをやっている櫻井さんを見て、「もうバンビって呼んじゃあゃいけないのかな、もうバンビじゃあないな鹿だ」と。

岡田さんは自分のコンプレックスについて話し始めます。

「天才の人っているじゃない。V6でいうと森田くんが天才だと思う。それを見て俺は普通だというのを若い頃にわかっちゃったんだよね。アイドルとして劣等感しかなくて。何をやっても向いてるとは思えなくて。すごい言葉悪いけどやっぱりアイドルってものに対して自分にとって難しい時期があって」

櫻井さんも「そんな感じがしていた。バラエティーとかはちょっと距離を置くみたいなことってありましたか」

岡田さんは「あった。若いころはね。他のメンバーは何を言ってんだって感じだたと思う。メンバーに迷惑をかけたこともあった。口聞かなかったもんね。メンバーとも。それを許してくれたメンバーがいてというか」

櫻井さんは「岡田君は大阪でラグビーをやっていて。男っぽい人だった。それが急にアイドルとなって追いつかなかったんじゃないかと思っています」と。

そんな岡田さんを変えてくれた一言があったそうです。

それは「俺はバラエティーの司会に命をかけている」という先輩の一言。

それに対して自分で命かけるもの何かなと考えて芝居をやりたいと思ったそうです。でも自信はなくて。

そんな時に、緒形拳さん、渡哲也さん、田村正和さんといった大先輩の方々が役者を続けなさいと言ってくれたのは大きかったそうです。

やっぱりジャニーズのタレントが芝居をやるっていうのは難しかったそうで、ジャニーズということだけで色眼鏡で見られることがあったといいます。

櫻井さんもどの仕事をしていてもアウェイとまでいかないけど、本職の人達の集まりに半端者が顔を出しているという何か変な意識がやっぱあると言っていました。

そして役者の道を歩み始めた岡田准一さんはジャニーズで初めて日本アカデミー賞を獲得しました。でも。岡田さんは自分で自分のことをまだ認めていない。だからこれからかなということでした。

「自分がアイドルだろうが俳優だろうがそんなことは、本当突き止めると些細なことで。作品がやっぱり一番大事だと思うんだよね。自分がどう思われたいか、どう見えたいかって。くだらないことな感じがして。俳優の仕事だろうとグループの仕事だろうが単純に言うと良い仕事をしたいよね」

岡田さんはデビュー当時の嵐について語り始めます。

「テレビで言うことかわからないけど、嵐は苦労してることが多かったんじゃない。最初の五年ぐらい。それこそ俺たち駄目だみたいなことずっと言ってたのを聞いてたから」

「櫻井もずっと考えがあるんだろうなってちょっと話したりして思ったけど、キャスターやり始めたじゃん。どういう経緯があったの」

それに対して櫻井さんは「岡田くんもさっき言ってたけど。悩むじゃないですか。25歳のときにはもう嵐はなくなると思った」

「この世界で生き残るとしたら何かって考えた。その時にバラエティーで一緒に仕事したアナウンサーの方が夕方のニュースで独占インタビューしていたんですよ。考えてみたらジャニーズでこんなことしている人いないなぁって」

「報道って言うと大袈裟だけどそういう話ないですかと事務所に話に行ったのが木更津キャッツアイが終わった二十歳ぐらいの時だったと思います」

「僕は中居くんや、太一くんみたいに大勢いるタレントさんとか芸人さんとかを回すってことはできない。だけど、誰か一人にじっくりとインタビューするのは僕はむしろ好きなんです」

「それがキャスターという仕事に行くきっかけの一つだったのかも」と答えてました。

岡田准一さんは最後に「本当にメンバーに感謝している。メンバーに幸せにいて欲しいとか本当に思えるようになった」と言うと。櫻井さんが「それ酔うと松本潤が全く同じこと言いますよ」と言っていました。